FuturumDiary

大好きな絵本たち

ブログ移動

ブログを移動しようと思う。 medium.com 絵本のことだけじゃなく、色んなことを書いて行こうと思う。 ゆっくりゆっくり、想いを綴っていくね。

つきのぼうや

(イブ・スパング・オルセン さく・え/やまのうち きよこ やく) 私が幼い頃からずっと愛読している絵本。この珍しいサイズの細長い絵本は私の心の奥でぴかぴかと光っている。 つきのぼうやはおしゃれな風貌、そしておつきさまはちょっとごつい感じのおじさ…

どうする どうする あなのなか

(きむらゆういち文 高畠純絵) とても愉快なお話。くすくす笑いながら読んだ。 深い深い穴に落ちたやまねこ夫婦とねずみ兄弟のお話。 みんなで穴に落ちたけれど、さてどうやって出ようか、と、やまねこ夫婦とねずみたちがあれこれ思案する。 ねずみを食べた…

ぜつぼうの濁点

原田宗典 作/柚木沙耶郎 絵 アイデアという点ではとても面白いと思った。文章が硬いのも雰囲気に合ってると思う。少し話の流れが気に食わない所はあったけれど、おおむねまあまあといったところ。 少々子供にとっては難しい単語が出てくるので、小さな子供…

たいようオルガン(荒井良二)

荒井良二の絵本初体験。 色使いが本当に私好みで引き寄せられるように手に取った絵本。表紙のそこぬけに明るい色彩、子供が描いたかのようなゾウバスの絵。そして愛おしくなるような独特な文字。 出てくるキャラクターの可愛さについ微笑んでしまうようなそ…

さようなら 谷川俊太郎

さようなら 谷川俊太郎 ぼくもういかなきゃなんないすぐいかなきゃなんないどこへいくのかわからないけどさくらなみきのしたをとおっておおどおりをしんごうでわたっていつもながめてるやまをめじるしにひとりでいかなきゃなんないどうしてなのかしらないけ…

すきになったら(ヒグチユウコ)

絵本はやはり美しい絵であることが大切なんだなと強く思った作品。図書館でこの本の表紙を見た瞬間に「あ、コレだ!」と思った。ピンときた。たまらなく好きだと感じた。どうしてもこれは手に入れなければならない本だと思った。 繊細に描かれた髪の毛や花々…